「CPU」ってなに?どんな役割をしてるの?【初心者のためのゲーミングPC講座】

CPUとは 役割ゲーミングPC
スポンサーリンク

CPU」という言葉を、一度は聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

ろぐちゃん
ろぐちゃん

聞いた事はあるけどどういう役割なのかはよくわかんない

そこで今回は初心者の方でもわかりやすく、「CPU」について基本的なことをまとめてご紹介します。

りょう
りょう

これからパソコンの購入を考えている方は、ぜひ最後まで読んでみて下さいね

スポンサーリンク

そもそもCPUってなに?

CPUとは 役割

CPUとは簡単にいうと、コンピューターの頭脳になるパーツのことです。

パソコン上でのハードウェアやソフトウェアの指示を全て受け取り、処理するパーツです。

ちなみにハードウェアとは、キーボードやマウス、プリンターなどのデバイスのことです。

ソフトウェアとは、OSやオフィスソフト、Adobeソフトなどのことです。

CPUは「Central Processing Unit」の略で、日本語に訳すと「中央演算処理装置」と呼ばれています。

CPUはパソコンにとって必要不可欠なパーツで、中心的な役割を果たしています。

りょう
りょう

CPUは人間の脳に例えられることが多いですね

ろぐちゃん
ろぐちゃん

脳から指令を出して、手足を動かすイメージね

キーボードの入力やマウスの操作、アプリの起動処理などパソコンで行う作業のほとんどをCPUが行っています。

具体的なCPUの役割は?

ろぐちゃん
ろぐちゃん

CPUがパソコンの中心的な役割をするパーツってことはわかったけど、具体的にはどんなことをしてるの?

りょう
りょう

CPUの役割は、ユーザーがハードウェアやソフトウェアを利用できる状態にすることなんです!

ハードウェアやソフトウェアから送られてくる情報を、CPUで処理をして実行します。

パソコンでは何を行うにしてもC、PUが重要な役割を果たしています。

例として、WordやExcelを使用したときの処理を簡単にご説明します。

まず、WordやExcelなどのソフトウェアの起動はCPUが行います。

起動後、キーボードで文字を入力するとその情報をCPUで処理し、モニターに表示します。

カーソルをマウスで動かした場合も、CPUが処理を行いモニターに表示されます。

ファイルの保存もCPUに命令が送られて、HDDに保存されます。

CPUはパソコン以外にも使われている

CPUとは 役割

パソコンにとってCPUは、とても重要なパーツということはわかってもらえたと思います。

りょう
りょう

実はCPUはパソコンの他にも、さまざまな製品に使われています

身近なものだと、テレビやスマホなどにもCPUは使われています。

ろぐちゃん
ろぐちゃん

スマホはパソコンみたいにメールやアプリを使うから、なんとなく想像できるね

テレビの場合、キレイに映像を見せるための処理をCPUが行っています。

他には、車にもCPUは搭載されています。アクセルを踏むと車は加速しますが、その加速の度合いをCPUで制限しています。

りょう
りょう

カーナビにもCPUが搭載されていて、目的地を案内したり音楽を流したりしています

また最近は様々な機能や性能が追加された家電が多く、CPUが内蔵された家電が増えています。

りょう
りょう

ルンバなどのロボット掃除機、PS4やニンテンドーswitchなどのゲーム機にも、CPUは搭載されています。

ろぐちゃん
ろぐちゃん

CPUは私たちの身近に、当たり前の様にある存在なのね!

ゲームには高性能なCPUが必要!

もしあなたがパソコンでゲームを遊びたいと思っているなら、ゲームにもよりますが高性能なCPUを搭載したパソコンが必要になります。 

CPUにとってゲームをプレイするというのは、文章作成やインターネット、YouTubeの視聴などに比べて、大変な計算が必要になる作業です。

りょう
りょう

旧世代のCPUを搭載した性能の低いパソコンでは、最新のゲームを動かすことはほとんどできません!

ただし、数年前の古いゲームや将棋、オセロなどの簡単なゲームで遊ぶ場合は、性能が低いCPUでも問題なく遊べることがあります。

性能が高いCPUのメリットは?

CPUの中にも性能が高いものもあれば、性能は控えめだが低価格・省電力なものなど種類があります。

ろぐちゃん
ろぐちゃん

性能が高いCPUには、どういうメリットがあるの?

りょう
りょう

CPUの性能が高いと処理能力が上がり、パソコン作業を快適に行えるメリットがあります

例えば、動画編集やRAW現像(写真編集)などはCPUへの負荷が高く、性能が不足していると処理に時間が掛かりストレスになります。

対して高性能なCPUを搭載したパソコンの場合、処理がスピーディに行えます。

りょう
りょう

性能が低いCPUだとフリーズする作業でも、ストレスを感じず処理できます

そのため、CPUは用途に合わせて選ぶのが最適です。

負荷が掛かる作業を行う場合は高性能なCPU、動画視聴やSkypeの使用などのあまり負荷の掛からない使用の場合は、低性能なCPUを選ぶのがよいでしょう。

CPUの性能はどうやって計る?

CPUにはさまざまな種類があり、それぞれ性能が異なります。

CPUの性能を表す中で重要な項目は以下になります。

  • コア数
  • スレッド数
  • プロセッサーベース動作周波数(及びターボブースト時周波数)
りょう
りょう

それぞれ、わかりやすく説明していきますね

CPUの性能1.コアの数

コアの数とは、コンピュータの核(コア)となる部分の数を表しています。

りょう
りょう

コアとは計算処理を行う部分になります。

このコアの数が多ければ多いほど、より効率的に処理を行うことができます。

コアが2つあるものをデュアルコア、4つあるものをクアッドコアと言います。

機種によっては、コアを6つ以上も搭載したモデルもあります。

例えばIntel社の「Core i9-9900K」は、8つのコアが搭載されています。

りょう
りょう

コアがたくさんあれば、同時に複数の作業を行う能力が高くなります

インターネットサーフィンをしたり、動画を観たり、Excelを開いたりと色々な作業を同時に行っても、コアが負荷を分散し快適にパソコンを使用することができます。

また最近のCPUの傾向としては、コア数を増やし各コアのクロック周波数を抑える傾向です。

そうすることで、パソコンをより効率的に動作されることができます。

動画編集や3D CADなどの高負荷のアプリケーションの使用や、ゲームプレイを検討している方には最適です。

CPUの性能2.スレッドの数(ハイパースレッディング)

ハイパースレッディング(HT)とは、1つのコアで複数の作業を行うことを言います。

りょう
りょう

ハイパースレッディングは、Intel社製のCPUに搭載されている独自の機能です。

AMD社のCPUでは、「Simultaneous multithreading(SMT)」と呼ばれていますが中身はどちらも同じです。

機能としては作業中のコアにまだ余力がある場合、他の作業にその余力を充てることによって、より効率的に作業を行うことができます。

CPUの性能3.プロセッサーベース動作周波数(及びターボブースト時周波数)

クロック周波数は大きいほど、処理能力が高いと言えます。

1秒間にどれだけクロックするかを表しています。

りょう
りょう

クロックとはCPUの動作の基準と考えてください

例えば、ベース動作周波数が3.60GHzのCPUは、1秒間に約36億回ものクロックがあるということです。

また、ターボブーストとは複数のコアの活用ができないときに、コア数に制限を掛けて動作周波数を上げることです。

ただし、CPUの性能場このクロック周波数が全てという訳ではありません!

りょう
りょう

あくまで処理性能の高さを表す基準程度に考えておきましょう

「CPU」ってなに?どんな役割をしてるの?まとめ

この記事では、「CPU」とはどういうものかについてご紹介しました。

ろぐちゃん
ろぐちゃん

具体的にCPUにどういう役割があるか、イメージすることができたわ!

パソコンにとってCPUは、とても重要なパーツです。

パソコンにあける全ての作業スピードは、CPUの性能に影響されると言っても過言ではありません。

りょう
りょう

性能不足に悩まされないためにパソコンをどの様に使用するのか、その用途に合ったCPUを選ぶことが大切です。

特にパソコンでゲームをプレイする場合、CPUの性能が非常に重要なポイントになります。

「これからパソコンで本格的にゲームを遊びたい!」という方は、なるべく性能の高いCPUを選ぶようにしましょう!




この記事がためになったという場合は↓をクリックしてもらえると喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました