蜂の種類と見分け方!スズメバチ・アシナガバチ・スズメバチ

害虫・害獣駆除
スポンサーリンク
リブサくん
リブサくん

今回は蜂の種類の見分け方について、お話します。

リブポちゃん
リブポちゃん

パニックになると逆に蜂を刺激して、攻撃される危険性がありますので、注意が必要です。落ち着いて対処すれば、刺される可能性は低くなります!

スポンサーリンク
  1. 人間を刺す蜂は3種類
    1. それぞれの蜂の特徴
  2. もっとも危険な蜂!スズメバチの特徴
    1. スズメバチの主な特徴
    2. スズメバチの種類
    3. 代表的なスズメバチの種類1.オオスズメバチ
    4. 代表的なスズメバチの種類2.キイロスズメバチ
    5. 代表的なスズメバチの種類3. クロスズメバチ
    6. 代表的なスズメバチの種類4.ヒメスズメバチ
    7. 代表的なスズメバチの種類5.コガタスズメバチ
  3. 意外と大人しいアシナガバチの特徴
    1. アシナガバチの主な特徴
    2. 代表的なアシナガバチの種類
    3. 代表的なアシナガバチの種類1. セグロアシナガバチ
    4. 代表的なアシナガバチの種類2. フタモンアシナガバチ
    5. 代表的なアシナガバチの種類3.キアシナガバチ
    6. 代表的なアシナガバチの種類4.コアシナガバチ
  4. 一番穏やかなミツバチの特徴
    1. ミツバチの主な特徴
    2. ミツバチの種類
    3. ミツバチの種類1. ニホンミツバチ
    4. ミツバチの種類2. セイヨウミツバチ
  5. 種類別!蜂の巣の特徴
    1. 蜂の巣の特徴1.スズメバチの巣
    2. 蜂の巣の特徴2.アシナガバチの巣
    3. 蜂の巣の特徴3.ミツバチの巣
  6. 蜂に刺されないために出来る予防方法
    1. 蜂に刺されないために出来る予防方法1.肌の露出をさける
    2. 蜂に刺されないために出来る予防方法2. 黒色の服装をさける
    3. 蜂に刺されないために出来る予防方法3. 匂いに注意する
    4. 蜂に刺されないために出来る予防方法4.光るものを身に着けない
    5. 蜂に刺されないために出来る予防方法5.大きな声は出さない
    6. 蜂に刺されないために出来る予防方法6. 大きな動きをしない
    7. 蜂に刺されないために出来る予防方法7. 蜂の巣に近付かない
    8. 蜂に刺されないために出来る予防方法8. 洗濯物にも注意
    9. 蜂に刺されないために出来る予防方法9.殺虫スプレーを携帯する
  7. 蜂に刺されたその時に!症状と対処法
    1. 蜂に刺された時に起きる症状
  8. 蜂に刺された時にやるべき応急処置
  9. 蜂の種類と見分け方!スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチのまとめ

人間を刺す蜂は3種類

日本に生息する蜂の中で、人間を刺すの主に「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」の3種類といわれています。

リブサくん
リブサくん

この中ではスズメバチが一番危険です。まずはこの3種類の見分け方や特徴をしっかり覚えましょう。

それぞれの蜂の特徴

もっとも危険なのは、スズメバチです。凶暴で攻撃性も高く、集団で人間を攻撃します。そんなスズメバチの中でも、土の中に巣を作るオオスズメバチは、人間だけでなく他の蜂を襲うほどです。

アシナガバチはスズメバチによく似ていて、腰の部分がくびれています。スズメバチに比べると細身で、足をだらんと下げて飛ぶのが特徴です。

ミツバチはずんぐりとした丸い体が特徴です。性格はおだやかですので、相当強く刺激をしない限りは、襲ってくる事は少ないです。

もっとも危険な蜂!スズメバチの特徴

リブサくん
リブサくん

日本で蜂による被害の中でもっとも多いのがスズメバチです。

リブポちゃん
リブポちゃん

ニュースでたまに出たりしてますよね

リブサくん
リブサくん

スズメバチが他の蜂に比べて怖いのは、刺激をしなくても巣の近くを通りかかっただけで、巣を守る為に攻撃的になって襲って来るところなんです。

スズメバチの主な特徴

スズメバチは、攻撃性、威嚇(いかく)性ともに、とても強い蜂です。人間を襲って刺すのが、一番多い蜂でもあります。

スズメバチは、秋口、9~10月頃に繁殖のピークになり特に攻撃性が高まります。5m以上離れた場所にいても襲ってくることがあります。

スズメバチは刺した針から毒液を出します。ミツバチと違って、毒液が続く限り何度でも刺す事ができるのが特徴です。

スズメバチに刺されてしまうと、アナフィラキシーショックを起こし、最悪命を落としてしまう事もありますので、もし刺された場合は急いで病院へ向かいましょう。

スズメバチの主な特徴

スズメバチの主な特徴
  • 日本で被害が最も多いハチ
  • 体も巣も、ハチのなかで最大級
  • 攻撃性がとても高い
  • 体長は4cm程
  • 針から毒液を飛ばす
  • 巣を守るために、積極的な攻撃行動を起こす

スズメバチの種類

リブサくん
リブサくん

日本に生息しているスズメバチの種類は、

  • 「大型のスズメバチ属が7種」
  • 「小型のクロスズメバチ属が5種」
  • 「ホオナガスズメバチ属が4種」

の計16種が生息しています。

リブポちゃん
リブポちゃん

代表的な種類をいくつかご紹介しますね。

代表的なスズメバチの種類1.オオスズメバチ

スズメバチ種の中で一番大きいと言われているのが、オオスズメバチです。体長は4cm程で、あごの力がとても強く、刺された時の痛みも、スズメバチ種の中で一番痛いと言われています。

土の中に巣を作る事が多く、巣がある事に気付かず、近づいて刺されるといった事があります。7月~11月の間が特に攻撃的になる時期と言われています。

代表的なスズメバチの種類2.キイロスズメバチ

キイロスズメバチはオオスズメバチに比べると少し小さく2.5cm程で、胴体全体の黄色い直毛が特徴です。特に攻撃的で非常に気性が荒い性格をしています。

屋根裏や床下などに巣を作る事が多く、巣に近づくと攻撃性が増します。特に7~10月の間は攻撃的になる時期で、最近は都心で増えているとの報告もあります。

代表的なスズメバチの種類3. クロスズメバチ

クロスズメバチはその名の通り、体全体が黒いスズメバチです。大きさは1cm~1.8cmとスズメバチ種の中ではかなり小さい方で、黒い胴体に白のラインが入っているのが特徴です。

スズメバチの割には攻撃性、毒性ともにあまり強くなく、刺された場合でもほとんど症状が出ない人もいます。

代表的なスズメバチの種類4.ヒメスズメバチ

オオスズメバチの次に大きいのがヒメズズメバチです。大きさは2.2~3.7cm程で、オレンジと黒の体色にお尻の部分が黒いのが特徴です。警戒心が強く、巣に近づくと威嚇(いかく)を行いますが、攻撃性は意外と低く、毒性も弱い種類です。

代表的なスズメバチの種類5.コガタスズメバチ

名前は「コガタ」ですが、体の大きさは2.2~2.8cm程度で比較的大型のスズメバチです。オオスズメバチに見た目はよく似ていますが、攻撃性は低く、住居の近くに巣を作る事が多いですが、巣に近づいてもほとんど攻撃してこない事が多いです。

リブサくん
リブサくん

ご紹介した様に、スズメバチは種類によって行動や性格が違いますので、注意が必要です。

リブポちゃん
リブポちゃん

スズメバチを見つけた場合は、無理に自分で退治しようとせず、駆除業者に相談するのが、いいでしょう。

意外と大人しいアシナガバチの特徴

スズメバチとよく似ていて間違われる事が多いのがアシナガバチです。山林が近い場所や、都市部や市街地でも姿が確認されています。

スズメバチに比べると性格は比較的大人しいですが、巣に近付いたり人間から攻撃されると防衛の為に攻撃をしてきます。

アシナガバチの主な特徴

アシナガバチの主な特徴
  • スズメバチに比べれば細身
  • 穏やかな性格で、攻撃性は低い
  • 自ら攻撃してくることは少ないが、巣を守るためには防衛・攻撃する
  • 体長は〜26mm
  • 素早い動きは苦手



代表的なアシナガバチの種類

リブサくん
リブサくん

アシナガバチにも様々な種類がいて、体長や性格はそれぞれの種類でことなります。

リブポちゃん
リブポちゃん

日本にはアシナガバチは11種類生息しています。その中でも目にする事の多い3種類についてご紹介します。

代表的なアシナガバチの種類1. セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチは名前の通り、背中の部分が黒いアシナガバチです。大きさは2cm~2.6cm程で日本に生息しているアシナガバチの中では最も大きいです。アシナガバチの種類の中では、攻撃性が強く市街地でよく見られます。

代表的なアシナガバチの種類2. フタモンアシナガバチ

知名度は低いですが、フタモンアシナガバチは、日本ではよく見られるアシナガバチの一種です。二つの黄色いまだらがお腹にあるのが特徴で、全国各地に生息しています。大きさは1.4~1.8cmとやや小さめです。

代表的なアシナガバチの種類3.キアシナガバチ

セグロアシナガバチと並んで、最も大きいアシナガバチがキアシナガバチです。大きさは2~2.6㎝程です。黄色い部分が多いのが特徴で、攻撃性が高く、刺された時の痛みはアシナガバチの中で、一番痛いと言われています。

代表的なアシナガバチの種類4.コアシナガバチ

コアシナガバチはキアシナガバチに次いで、攻撃性が高いアシナガバチと言われています。大きさは1.1~1.5㎝と小さめです。黄色っぽい顔で背中に黄色の線が入っていますが、飛んでいると黒っぽく見えて、黄色と黒のしま模様が見えにくくなっています。蜂と気づかずに近寄って刺される場合もあります。

リブサくん
リブサくん

アシナガバチとスズメバチの簡単な見分け方は、飛び方で見分けます。

スズメバチは直線的に素早く飛びますが、アシナガバチはだらんと後ろ足をたらし、ふらふらと飛ぶのが特徴です。

一番穏やかなミツバチの特徴

ミツバチはスズメバチやアシナガバチに比べ攻撃性は低いですが、刺激を受けると攻撃してくる場合があります。また、寒い時期は攻撃性が強くなり、集団で人を襲う場合がありますので注意が必要です。

リブポちゃん
リブポちゃん

ミツバチといえばハチミツですよね。花のみつを集めて巣に持ち帰り、ためています。花の種類によって色々なハチミツがあります。

ミツバチの主な特徴

ミツバチの主な特徴
  • 攻撃性は低い
  • 大きさは2㎝程
  • 針がハチから抜け、皮膚に突き刺さる
  • 1つの巣の中に数千〜数万匹生息する

ミツバチの種類

リブサくん
リブサくん

日本に生息しているミツバチは「ニホンミツバチ」「セイヨウミツバチ」の2種類になります。

ミツバチの種類1. ニホンミツバチ

ニホンミツバチは胴体のしま模様がくっきりとしているのと、体全体が少し黒っぽいのが特徴になります。大きさはセイヨウミツバチより一回り小さく、1cm~1.3cm程の大きさです。

ミツバチの種類2. セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチは、胴体のしま模様の黒い線がお尻に近くなるにつれ幅が広くなっていて、体全体が黄色っぽいのが特徴です。大きさは1.2cm~1.4cmとニホンミツバチに比べやや大きく、攻撃性もやや強いです。

種類別!蜂の巣の特徴

リブサくん
リブサくん

図鑑やインターネットを使って、蜂を自分で見分けられたらいいですが、実際にはなかなか難しいですよね。

リブポちゃん
リブポちゃん

もし、蜂の巣が近くにあれば巣の特徴から蜂の種類を見分けられるかもしれませんね!

リブサくん
リブサくん

蜂の種類によって、巣の特徴はそれぞれことなるので、見分ける事ができます。それぞれの巣の特徴をご説明します。

蜂の巣の特徴1.スズメバチの巣

家の軒先や屋根裏、床下などにスズメバチの巣はあります。他にもオオスズメバチは土手や土の中に巣を作ります。

スズメバチの巣の形は作り始めの頃は、フラスコを逆さまにした様な形をしています。そこから次第にボールの様な球状に変化していきます。

白と茶色を混ぜたマーブル模様があるのが特徴で、ひと目でスズメバチの巣だと判断できます。

巣の大きさは、最初は5cm程度ですが、次第に大きくなり最終的には60cm程になる場合もあります。巣が完成した時には約1,000匹のスズメバチが巣にいますので、とても危険な状態です。発見した場合は、自分で駆除しようとはせずに、早めに専門の駆除業者に連絡しましょう。

スズメバチの巣が完成すると、常に見張り役の蜂が外を監視していますので、少しの刺激でもスズメバチの被害にあう可能性があります。

活動期の夏場は、特に攻撃性が高いので、注意が必要です。また、スズメバチの種類によっては、秋まで活発に活動する種類もいますので気を付けましょう。

蜂の巣の特徴2.アシナガバチの巣

アシナガバチの巣は、人間の生活圏内に巣を作る事が多いのが特徴です。巣の形状はシャワーヘッドのような形で、薄い茶色や灰色をしています。巣穴が丸見えになっていて、外から幼虫やさなぎの状態がよく見えます。大きさは10cm前後とあまり大きくはありません。

アシナガバチの巣は頑丈で、つついたりしただけでは、壊れることはありません。目立たない場所に巣を作る事が多いため、発見が遅れる事があります。

蜂の巣の特徴3.ミツバチの巣

ミツバチの巣は、人目に付きにくい狭い場所や閉鎖的な空間に作られる事が多いです。

形状は六角形が連なり巣板と呼ばれる平型で、垂れ下った形をしています。薄い平型が、何枚も重なって大きくなっていきます。

巣を作るために、ミツバチはお腹いっぱい食べ、丸1日程天井にぶら下がり、お腹から白いウロコ状の蜜ロウを出します。その蜜ロウをミツバチは口で噛みくだき、唾液と混ぜながら巣を作っていきます。

巣の色は最初は白色ですが、だんだん蜜を蓄えていくにつれ、蜜の色に変化していきます。

大きいものでは、約1m程の大きさになります。

蜂に刺されないために出来る予防方法

リブサくん
リブサくん

蜂を見つけた時に刺されないために、出来る予防方法をご紹介します。

リブポちゃん
リブポちゃん

蜂を見つけたら怖くてパニックになってしまうと思いますが、落ち着いて行動する事が刺されないための第一歩です。

蜂に刺されないために出来る予防方法1.肌の露出をさける

肌の露出をさけることは、蜂に刺されないために出来る予防方法としては効果的です。長袖、長ズボン、帽子を身につけ厚めの生地を選んでおくと、蜂に襲われても蜂の針が貫通しにくいため安心です。

蜂に刺されないために出来る予防方法2. 黒色の服装をさける

理由はいまだ解明されていませんが、蜂は黒い色の物に向かって攻撃する習性があります。

黒色や灰色、原色の衣服はさけて、白や淡い色の衣類を身に着ける様にしましょう。

髪の毛に向かって蜂が攻撃してくる場合もありますので、白色の帽子をかぶったりタオルを頭に巻いておくのもよいでしょう。

蜂に刺されないために出来る予防方法3. 匂いに注意する

色の他には「におい」にも注意しましょう。香水やヘアスプレーなどの強いにおいは、巣から離れていても蜂の警戒心を高めてしまいます。柔軟剤や化粧品、シャンプーのにおいなどにも注意しましょう。

蜂に刺されないために出来る予防方法4.光るものを身に着けない

蜂は光を見ると向かって飛んでくる習性があります。夜間に誤って懐中電灯などの光を当ててしまうと、どんどん蜂の巣から蜂が飛び出してしまいますので、大変危険です。誤って光を当ててしまい、蜂が大量に出てきてしまった時は、光をつけたまま懐中電灯をゆっくりと地面に置いて、その場を離れましょう。

明るい時間帯であってもアクセサリーや蛍光色の服など、光を反射するものにも蜂は反応しますので、身につけないようにしましょう。

蜂に刺されないために出来る予防方法5.大きな声は出さない

大きな声や物音、振動などに蜂は敏感に反応します。蜂が近寄って来ると刺されるかもしれない恐怖心からついつい大きな声を出してしまいたくなりますが、それは逆効果です。

声を出さず、姿勢を低くし、そのままゆっくりと後ずさりしながらその場から離れましょう。

蜂に刺されないために出来る予防方法6. 大きな動きをしない

蜂が近寄ってくるとつい反射的に手で払いのけようとしたり、追い払おうとして持っている物を振り回したりしてしまいますが、こういった行為は危険ですのでやめましょう。

蜂は大きな動きには敏感に反応します。万が一、蜂が近付いてきても慌てず落ち着いて行動する事が大切です。

蜂に刺されないために出来る予防方法7. 蜂の巣に近付かない

そもそも蜂が人間を襲ってくるのは防衛反応です。巣に近づかず、蜂を刺激する事がなければ、襲われる心配はほとんでありません。ハイキングやアウトドアなど野外を歩くときは、周りに蜂の巣がないか十分に確認しながら歩くようにしましょう。

しかし、オオスズメバチの巣は土の中や木の根元、朽木の中にありますので、気づかない場合もありますので、特に注意しましょう。

蜂に刺されないために出来る予防方法8. 洗濯物にも注意

洗濯物に蜂がまぎれこんでいる場合がありますので、注意が必要です。特に都心で多く見られるアシナガバチは、街路樹や植え込み、民家のベランダ、庭の木、エアコンの室外機などに巣を作ります。

夏から初秋に、アシナガバチが巣から飛び立ち周囲を飛び回っています。時々、アシナガバチが洗濯物にまぎれこみ、気がつかずに取り込んでしまって刺されてしまうケースがあります。

洗濯物を取り込む時には、蜂がまぎれていないかしっかりと確認して取り込むようにしましょう。

蜂に刺されないために出来る予防方法9.殺虫スプレーを携帯する

もし蜂の巣に近付く心配がある時は、殺虫スプレーを携帯しておきましょう。いざという時に役に立ちます。

蜂に殺虫剤は効果がありますので、やむを得ず蜂に襲われて応戦しないといけない場合は、殺虫スプレーを使用する事で、蜂を撃退する事が出来ます。

蜂に刺されたその時に!症状と対処法

リブサくん
リブサくん

万が一、蜂に刺されてしまった場合、刺された部分のみに症状が出る「局所症状」と、全身がかゆくなったり腫れたりする「全身症状」があります。

リブポちゃん
リブポちゃん

蜂の種類や刺された場所、多さなどによって症状は変わりますので注意しましょう。

蜂に刺された時に起きる症状

蜂の毒には、人の体に痛みを引き起こす「ヒスタミン」「セロトニン」「アセチルコリン」「ポリアミン」などの様々な成分があります。

局所症状

  • 激しく痛み、刺された場所がズキズキと痛む
  • 赤く腫れあがり、治まるまでに1週間程度かかる
  • 気分が悪くなり、吐き気が起きる場合がある

全身症状

  • 口がかわき、しびれを伴う
  • 腹痛が起き、下痢やおう吐が起きる
  • 息苦しくなり、目が見えない、耳が聞こえないなど意識障害が起こる

さらに深刻な症状になると、けいれんを起こして倒れたり、気絶したりします。こうなると命にかかわる危険な状態ですので、一刻も早い救急処置が必要になります。

もっとも怖いのは「アナフィラキシーショック」です。蜂に一度刺された場合、蜂の毒に対する抗体が作られます。二度目に刺された時に、抗体がアレルギー反応を起こしてしまいます。

蜂に刺された時にやるべき応急処置

蜂に刺されてしまった場合、怖さと痛みで余計にパニックになってしまいがちですが、まずはさらなる被害をさけるために、刺された場所から離れましょう。慌てて大声を上げたり、急な動きで逃げようとせず、ゆっくりと後退しましょう。

リブサくん
リブサくん

重い全身症状が見られる場合は、命に関わりますので一刻も早く必ず病院に向かいましょう。病院に着くまでに、以下の応急処置をしておきましょう。

※応急処置の手順
  • 仰向けに寝かせた後、足を高く上げ、頭の位置を低くする
    (吐き気がある場合は、横向きに寝かせる様にしましょう)
  • 手や足を蜂に刺された場合、刺された場所から心臓に近い場所をしばりましょう。
    ( ただし、毒が溜まると壊死してしまいますので、数分ごとにゆるめるようにしましょう)
    (可能であれば刺された場所を冷やし、血液が毒を吸収するのを遅らせるようにしましょう)
    (ミツバチに刺された場合は針が残っていますので、ピンセットや毛抜きを使用して針を抜き取ります。ただし、毒液の入った袋を圧迫しないように、針の部分を持ってそっと引き抜きます)
  • 刺された患部を、水で洗い流す。傷口の周りをつまみ、血と一緒に毒をしぼり出します。
    (毒が入るので、絶対に口で吸わないでください)

【ポイント5倍】 NEW エクストラクター ポイズンリムーバー 強力型 品質2年間保証【楽天ランキング1位】 虫刺され にはコレ! rsl
created by Rinker
¥1,900(2019/11/20 23:48:37時点 楽天市場調べ-詳細)

蜂に刺された場合など、毒を吸い出す器具がポイズンリムーバーです。市販されていますので、アウトドアに出掛ける場合は、常備しておくと安心です。

使い方は、刺された後なるべく早く15分以内に吸引します。吸引した後は、必ず病院に行きましょう。

蜂の種類と見分け方!スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチのまとめ

リブサくん
リブサくん

今回は蜂の種類や特徴、蜂に刺されないための予防方法や蜂に刺された時の症状や対処法をご紹介しました。

蜂をひんぱんに見かけたり、蜂の巣を見つけた時など専用のスプレーなどを使えば、自力で駆除出来る場合もありますが大きな危険が伴いますので十分に準備をしてから行いましょう。

リブポちゃん
リブポちゃん

自力で駆除するのは怖い人は、専門の駆除業者に依頼するのが安全で確実です。

蜂駆除業者の紹介

「リブサポ」がオススメする蜂の駆除業者さんです。蜂でお困りの方は、気軽に相談されてみてはどうでしょうか。

ハチ110番

日本全国24時間365日、対応されている【ハチ110番】

お客様満足度98%の高い評価で、危険なハチの駆除を迅速に対応されています。

ムシプロテック

24時間365日、出張費見積もり料無料で対応されているのが、ムシプロテック です。

年間実績3000件以上の確かな技術力で対応します。




この記事がためになったという場合は↓をクリックしてもらえると喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました