ゲーミングPCとは?普通のPCとは何が違うの?【初心者のためのゲーミングPC講座】

ゲーミングPCとは 普通のPC 違いゲーミングPC
スポンサーリンク

「ゲーミングPC」と聞くと、「ゲーム専用のパソコン」というイメージを持っている人も少なくないかもしれませんね。

基本的に「ゲーミングPC」は、普通のパソコンに比べ最新ゲームを快適にプレイできるように、スペックが高く高性能です。

りょう
りょう

ゲーミングPCでは、office(Excel・Word)の使用や動画鑑賞、ネットサーフィンなども快適に行うことができるんです!

ろぐちゃん
ろぐちゃん

でも、「ゲーミングPC」って普通のPCとなにが違うのか気になる~

そこでこの記事では、ゲーミングPCと普通のPCの違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

ゲーミングPCと普通のPCとの8つの違い

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

それではゲーミングPCと普通のPCの違いを、わかりやすくご紹介していきます。

りょう
りょう

ゲーミングPCと普通のPCの代表的な違い8つをご紹介しますね

ゲーミングPCと普通のPCとの違い1.グラフィックボードの有無

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

ゲーミングPCと普通のPCの一番大きな違いは、「グラフィックボード」があるかないかです。

普通のPCの中でも高性能なパソコンには、グラフィックボードが搭載されている機種もありますが、ゲーミングPCにはグラフィックボードが必ずついています。

グラフィックボード(GPU)は、ゲームソフト側が「こういう映像を描写して欲しい」と要求してきた場合、瞬時にその処理を行う役目のハードウェアです。

りょう
りょう

映像の処理に特化したハードウェアとイメージしてもらって間違いはありません

最近のゲームはグラフィックスの進化やディスプレイのサイズが大きくなるなど、映像処理が重たくなっています。

グラフィックボードを搭載していないPCで高負荷のゲームをプレイすると、映像がカクカクして快適にプレイすることができません。

ろぐちゃん
ろぐちゃん

なめらかでキレイな映像でゲームを楽しむには、グラフィックボードが必須なのね

ゲーミングPCと普通のPCとの違い2.電源ユニットが高品質

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

先ほどご紹介したように、ゲーミングPCにはグラフィックボードが必須になっているため、どうしても消費電力が大きくなります。

そのため普通のPCに比べ、容量の多い電源ユニットが使用されています。

りょう
りょう

ゲーミングPCには「80PLUS認証」と呼ばれる、電源効率の高い電源が採用されています。

電源ユニットは高性能なCPU・グラフィックボード・大容量メモリに、安定した電気を供給する重要なパーツと言えます。

ゲーミングPCと普通のPCとの違い3.大容量のメモリ

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

ゲーミングPCには一般的に、大容量のメモリが搭載されています。

なぜなら最新のゲームでは、メモリ容量が不足してしまうと快適なゲームプレイができなくなってしまうからです

ゲーミングPCのメモリは少なくても8GB、多い場合は16GBのメモリを搭載していることが多い。

りょう
りょう

普通のパソコンの場合、4~8GBになっているので大きな違いですね

ゲーミングPCと普通のPCとの違い4.SSDが標準搭載されている 

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

記憶領域のストレージには、「HDD」と「SSD」の2種類があります。

HDDとSSDの特徴は以下になります。

  • HDD…安くて大容量だがデータの読み書き速度が遅い。
  • SSD…容量あたりの単価はHDDより高価、データの読み書き速度が圧倒的に早い

ゲーミングPCでは高速なレスポンスを実現するために、SSDが標準搭載されていることがほとんどです。

りょう
りょう

「SSD 250GB+HDD 1TB」など、ほとんどのゲーミングPCは2種類のストレージを備えています

ゲーミングPCと普通のPCとの違い5.排熱性能が高い

ゲーミングPCにおいて、排熱はとても重要です。

りょう
りょう

ゲーミングPCは、排熱をしっかりと考えられた構成になっているんです

普通のパソコンにはグラフィックボードのような、熱を発生するパーツが搭載されていないため、普通のパソコンケースは排熱についてはそこまで重要に考えられていません。

ゲーミングPCを購入する場合、性能はもちろん直接見ることのできない排熱性能など、全てをチェックするようにしましょう。

ゲーミングPCと普通のPCとの違い6.カスタマイズ性や拡張性が高い

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

ゲーミングPCはグラフィックボードを搭載しているため、その分のスペースを確保する必要があります。そのため、大きめのPCケースが採用されやすくなります。

ケースが広いと拡張性が高くなるので、カスタマイズ性も高くなります。

りょう
りょう

ゲーマーにとっては、自分が必要とするスペックまで拡張できるのはありがたいですよね

ただし、ゲーミングノートPCや小型のタワーはあまり拡張性はありません。

拡張性を重視する場合は、タワーの内部が広めのものを選ぶようにしましょう。

ゲーミングPCと普通のPCとの違い7.デザインが特徴的

ゲーミングPCとは 普通のPC 違い

ゲーミングPCは普通のPCに比べ、外観のデザインが特徴的です。

りょう
りょう

機種によってはライトアップされるモデルもあって、とてもカッコイイですよ

ただし特徴的なデザインのゲーミングPCはスペックの割に価格が高くなりがちです。

ゲーミングPCを購入するときは、予算との兼ね合いが大事になります。

ゲーミングPCと普通のPCとの違い8.高価な機種が多い

ゲーミングPCは普通のPCに比べると、高額な機種が多いのも特徴です。

グラフィックボードを搭載しているゲーミングPCだと、最低でも10万円前後の予算が必要。

りょう
りょう

あまりにも安いモデルを購入してしまうと、ゲームを快適にプレイできないこともあるので注意しましょう

ゲーミングPC選びは、必要なスペックを考えた上で予算を決めることが大切です。

りょう
りょう

セールを上手に活用すれば、ゲーミングPCをお得に購入することができますよ

ゲーミングPCとは?普通のPCとは何が違うの?まとめ

今回は、ゲーミングPCと普通のPCの違いについてご紹介しました。

ゲーミングPCは基本的にスペックが高いため、ゲームだけでなくパソコン作業においてもその性能を発揮してくれます。

りょう
りょう

ゲーミングPCは「最新ゲームを楽に動かせる高性能マシン」と言えるので、普通のPCよりも汎用性は上がっています。

性能が良いので、色々なアプリや作業を楽に行えます。

自身の使用目的に合わせて、ゲーミングPCか普通のPCを選びましょう。




この記事がためになったという場合は↓をクリックしてもらえると喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました