熊手を処分する方法は?~古い熊手の扱い方と処分方法を学ぼう~

熊手 処分 方法雑学・裏ワザ
スポンサーリンク
リブポちゃん
リブポちゃん

去年買った熊手は処分した方がいい?
毎年買い換えた方がいいの?

お気に入りの熊手がある場合など、古い熊手の処分に悩みますよね。

そこで、熊手の返納や処分方法について、具体例を含めてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

熊手を処分する方法は?:熊手は毎年買い替えが必要?

熊手 処分 方法

熊手は、「商売繁盛」「開運招福」のご利益があるとされている縁起物です。

「運をかき込む」「金銀を集める」「幸運をかき集める」ことを祈願して飾られます。

商売人には必須アイテムともいえる縁起物です。

また、商売をしている方以外にも家内安全・健康祈願・恋愛成就・開運など、さまざまな願いを叶える縁起物として広く好まれています。

熊手には、「1年ごとに少しずつ大きい熊手にしていくのが良い」や「毎年同じお店で購入するのが良い」など言われています。

リブサくん
リブサくん

何となく、熊手の売り手側の商売っ気や思惑が感じられる「いわれ」な気もしますね

本当に熊手は、毎年新しい物を購入して買い替えが必要かどうか気になりますよね。

1年前の熊手は処分するべきなの?

結論から言いますと、1年前の熊手は処分する必要はありません。

熊手は基本、酉の市や十日戎(えびす講・えびす様)、お正月などに購入するもの。

「年々大きくする」「古い熊手は処分する」など世の中の風潮として

熊手の有効期限は1年

の雰囲気があります。

しかし、「熊手の有効期限は1年」という明確なルールや決まりは実際にはないんです。

「1年経過したから熊手を処分しないといけない」なんて規則もマナーもありません。

熊手を販売する時期に合わせて、古い熊手を奉納(ほうのう)したり、お焚き上げの行事があったりしますが、これらは古い熊手を処分して新しい熊手を購入することを勧めている訳ではありません。

ですので、現在飾っている熊手をそのまま今年も飾っていても全く問題ないんです。

1年前に購入した熊手や、何年も前に購入した年季の入った熊手をずっと飾っている場合もあります。

私の知人の中にも

「お世話になった人から貰った熊手で、愛着があるから処分するなんてとんでもない」

とずっと同じ熊手を大切に飾っているお宅があります。

縁起物の熊手は、プレゼントとして贈られることもよくあるんですよね。

私の職場近くのすごく繁盛しているうなぎ屋さんでは、お店の入口にパッと見ただけでも年代物とわかる熊手を飾っています。

個人のお宅でも長年、同じ熊手を大事に飾っているケースも少なくないんです。

中には親の代から、いやうちは祖父の代からなんてお宅もあるほど。

熊手は毎年買い替えないとご利益がない?

毎年新しい熊手に買い換えないとご利益がないんじゃないかと、心配になる方もいるかもしれませんね。

リブサくん
リブサくん

古い熊手を飾っているからご利益がなくなった」なんて話は聞いたことがないので安心して下さい!

今、飾っている熊手があなたにとってのお気に入りの物ならば、あえて新しい熊手に買い換える必要はありません。

熊手を飾る場所は普段から清潔を心掛け、熊手やその周囲をこまめに掃除してホコリを払っていれば運気も通りやすくなります。

熊手に神様が宿っているわけではありませんが、神様は清潔でキレイな場所を好みます。

新しい熊手に買い換えないことを気にするよりは、お清めを行い盛り塩を置く、熊手を塩でお清めするなどを行う方がいいですよ。

スポンサーリンク

熊手を処分する方法は?

熊手 処分 方法

熊手を毎年買い換える必要はないとご紹介しましたが、中には「やっぱり毎年新しい熊手に買い換えたい」と考えてる方もいますよね。

その場合、古い熊手をどう処分すればいいか悩む場合も。

そこで、ここからはお世話になった熊手を処分する方法をご紹介します。

基本、熊手は購入したところにお返しすることになります。

酉の市で購入した熊手の場合、酉の市開催時期に酉の市に設けられている「納め所」に返納しましょう。

一例として、浅草の酉の市の場合は浅草鷲(おおとり)神社や長國寺(ちょうこくじ)の入口付近に、「古熊手納所」が設置されています。

十日戎(えびす講・えびす様)の場合はその神社、初詣で購入した熊手はその神社にお返しするということです。

熊手を毎年買い換える場合は、前年の熊手を持参して返納所に納めてから新しい熊手を購入する流れが理想ですね。

1年前に限らずもっと古い熊手も返納所に持ち込めば、受け取ってもらえますよ。

リブサくん
リブサくん

熊手をお返しするときは、これまでの感謝の念を込めてお返ししましょうね。

熊手を返納するときの注意点ですが、熊手の大入り袋の中に、5円玉が入っている場合があります。

返納するときは、大入り袋の中身を確認して5円玉が入っていた場合は抜き取っておきましょうね。 

酉の市や十日戎開催時に熊手を返納できなかった場合は?

忙しくて都合がつかず、酉の市や十日戎の開催期間中に、熊手を持参して返納できないケースもあると思います。

他にも遠方で購入した熊手だったり、プレゼントされた熊手の場合などはどこに返納すればいいか困ることもありますよね。

リブサくん
リブサくん

このように、購入した場所に直接熊手を返納できない場合の対処、処分方法をご紹介します。

熊手の処分方法1.最寄りの神社に返納する

熊手を購入した場所が旅行先やプレゼントされた熊手の場合などは、購入先に直接行くことができませんよね。

こういった場合は、自宅近くの神社に熊手を返納することができる場合があります。

最寄りの神社に一度確認をしてみましょう。

熊手の処分方法2.お焚き上げで処分する

小さめの熊手の場合、「お焚き上げ」で処分を引き受けてくれるところもあります。

大みそかや初詣のときに、最寄りの神社やお寺でお札の「お焚き上げ」を行っているところに持ち込みお賽銭(さいせん)を添えて、返納する方法です。

ただし、神社やお寺によってはお焚き上げする物に制限があり、熊手は受け付けてもらえないケースもあります。

というのも、熊手を燃やすときに竹の部分が爆(は)ぜる危険性があるからだとか。

ですので、持ち込む前に事前に問い合わせするのが無難ですね。

熊手の処分方法3.どんと焼きで処分する

「どんと焼き」で熊手を焼いてもらうのも一つの手です。

どんと焼きとは、小正月にあたる1月15日に行う火祭り行事のこと。

どんと焼きではお正月に使用したしめ縄や松飾り、書き初めなどを持ち寄り、ひとまとめにして燃やします。

地域や風習によっては、一緒にお守りやお神札(おふだ)に感謝して、お焚き上げを行うこともあります。

日本全国の神社やお寺で行われるので、最寄りの神社やお寺でも行われているはず。

ただし、こちらも神社やお寺によっては「熊手はNG」なところもあるので、事前確認を忘れないように。

熊手の処分方法4.自分で処分

持ち込むのが手間だと言う方は、自分で熊手を処分することも可能です。

大きな熊手の場合は解体して、小さな熊手の場合はそのまま新聞紙などにくるんで、お住いの自治体の「燃えるゴミの日」に出して処分します。

新聞などでくるむときは、お清めの塩をかけておきましょう。

家庭でもできるお清めの方法をご紹介します。

家庭でもできるお清めの方法
  1. 新聞紙を広げて、その上に熊手を置く
  2. お清めする熊手にお塩を左、右、左と三回かける
  3. そのまま新聞紙にくるみ処分する

ゴミに出すの?と驚く方もいるかもしれませんが、熊手には神様が宿っているわけではないんです。

熊手はあくまで「お飾り」ですので、ゴミとして出して収集してもらってもバチは当たりません。

ただし、処分するときは感謝の気持ちを込めて処分すようにしましょう。

「今までありがとうございました」 

という気持ちで、気持ちよく熊手を処分することができますよ。

スポンサーリンク

熊手を処分する方法は?~古い熊手の扱い方と処分方法を学ぼう~まとめ

熊手は酉の市の名物で、縁起物のアイテムです。

熊手の選び方や買い方を知っていれば、より一層酉の市を楽しむことができます。

なお、熊手の飾り方や福を呼び込む方角については

熊手の飾り方や方角をわかりやすく紹介!願いを叶える飾り方は?

で詳しくご紹介していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

熊手の処分、返納方法についても知っておくと、後々の心配もしないで済みますよね。

ぜひ、酉の市では「素敵だな」と思う縁起熊手を購入して福をかき込みましょう~!




この記事がためになったという場合は↓をクリックしてもらえると喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました